渋谷えみこ 区議選中盤―カンパとボランティアの市民選挙に あなたのご参加を!

2013年11月6日 23時38分 | カテゴリー: トピックス

 11月10日(日)投票、翌日開票の葛飾区議選 選挙戦も中盤となりました

亀有5丁目の葛飾・生活者ネットワーク渋谷えみこ選挙事務所

定員40名に、立候補者は54名(うち、女性は11名)。葛飾・生活者ネットワークの新人・渋谷えみこの街頭演説に、子育て世代の方たち、高齢世代の方々、放射能汚染や食の安全、子どもたちの健康が気がかりとおっしゃる方たちが立ち止まってくださり、エールを送ってくださる選挙戦中盤。各地で勇気をいただき、うれしい手ごたえを感じています。 

市民の声を 政策決定の場に届ける 葛飾区政に「市民の議席」を 

西崎光子都議、山内れい子都議、小松久子都議、石田ひろこ西東京市議、新村いく子江戸川区議、大友かく子西東京市議、きみがき圭子練馬区議、篠原ゆか昭島市議、西園寺みきこ武蔵野市議、菊地靖枝練馬区議、星ひろ子前都議、大西由紀子元都議ら、東京の各地域から、生活者ネットワークの議員やメンバーが、連日、渋谷えみこの応援にかけつけている

身近な地域での活動を手がかりに、 市民自治による新しい政治を生み出すことをめざすのが、 生活者ネットワークの運動です。市民の手の届かないところに存在してしまっている政治を生活の場に引き寄せ、 暮らしを豊かにするための 「道具」 として政治を使いこなすことが必要だと私たちは考え、市民の代理人を自治体議会に送りだしてきました。生活者ネットワークの議席は、誰もが使える「市民の議席」です。議員歳費は、市民の政治課題を解決するための調査活動や政策立案活動に役立ててきました。 

貧困・格差解消の兆しが見られない中、高齢者介護や医療の課題、若者と非正規雇用の問題、子どものいじめ問題……、ともすれば片隅に追いやられがちな暮らしの困難をていねいに掘り起し、都政や市・区政の場で政治課題として取り上げてきました。誰もが共に生きるまち、誰もが安心して暮らせる福祉のまち葛飾を実現にむけるために、葛飾・生活者ネ

 

葛飾区議会議員選挙候補者、葛飾・生活者ネットワークの渋谷えみこ

ットワークは<渋谷えみこ>とともに、全力で「市民の議席」獲得をめざします。 

◆カンパとボランティアの市民選挙に あなたのご参加を! 

選挙は市民が政治に直接参加するチャンスです。生活者ネットワークは、 皆でカンパ(お金)と、知恵や労力(ボランティア)を出し合う市民選挙を行っています。

●街頭遊説へのご参加、●期間中の選挙事務所でのお電話かけ、●事務所での作業お手伝い……、後半の選挙戦を元気にたたかい、実りあるものにするために、皆さまのボランティア参加を募っています。渋谷えみこ選挙事務所までお気軽にお声掛けください。 

葛飾・生活者ネットワーク<渋谷えみこ>選挙事務所

〒125-0051 葛飾区亀有5-52-7 1F 

JR常磐線(東京メトロ千代田線乗入れ) 亀有駅 北口 徒歩約5

電話03-5613-8532 ファクス03-5613-8542